News/Blog

2020-01-17 00:56:00

バレエの歴史とトゥシューズ(大和中央林間校講師:江村まりな)

バレエの歴史とトゥシューズ(大和中央林間校講師:江村まりな)

皆さまこんにちは!

江村まりなです。新年が明けてもう3週間経ちますね。月日が過ぎるのはあっという間です(>_<)

 

さて、皆さんはバレエの起源をご存知ですか?

 

バレエは今から約500年前にイタリアで誕生しました。

当時の王様、ルイ14世が今のバレエを広めたといわれています。

 

 

アキバレエ大和つきみ野中央林間ルイ14世バレエ.jpg

画:ルイ14世がバレエを踊っている

 

当時は、男性のみが舞台で踊ることを許されていたそうです!

驚きですよねΣ(・□・;)

 

 

 

そしてトウシューズは、今から約180年前に初めて舞台で使われました。

ダンサーが体重を感じさせず宙を舞う様子を描く為、

つま先で立つトウシューズが開発されたのです。

当時は妖精の役などに多く使われていたそうです。

 トゥシューズ.jpg

バレエの動きの中で最も有名な形に、「アラベスク」があります。

 

アラベスクの意味は、「天に憧れる」という意味があります。

 

つま先で立ち、少しでも天に届くように、

というダンサーの思いがこもっています。

トウシューズを履きこなして自由自在に踊れたら素敵ですね♪

 

 

皆さんもいつかトウシューズが履けるように!毎日のレッスン頑張りましょう(*’ω’*)

 

 

大和中央林間校

担当講師:江村まりな